ノリタケ創業地の再開発3年遅れへ 名古屋市との調整難航

ノリタケカンパニーリミテドは17日、JR名古屋駅北にある同社創業の地の再開発計画で、中核となる商業施設の開業が2019年ごろに遅れると発表した。3年前に発表した当初計画から3年遅れる。規制緩和をめぐる名古屋市との調整が長期化し、計画の具体化が遅れていた。

「ノリタケの森地区計画」では同社の本社工場跡地を活用し、ショッピングセンター(SC)と大規模なマンションを建設する。総面積は約11万8千平方メ

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り265文字