「ASEAN、経済共同体でさらに強固に」パネル討論

討論する(左から)レ・ルオン・ミンASEAN事務局長、木村慶大教授、タイのプリディヤトーン・テワクン副首相、カンボジアのスン・チャントル商業相(21日午後、東京都千代田区)

第21回国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社・日本経済研究センター共催)で21日、「アセアン経済共同体の展望と課題」をテーマに日本、タイ、カンボジアの閣僚や専門家らが討論した。前半では、年内発足予定の東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)で、経済面でさらに連携を強める点について「問題はない」と意見が一致した。

木村福成・慶応義塾大学経済学部教授はAECについて「世界を見渡し

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り317文字