マイナス深まるGDPギャップ、需要落ち込み先行