次世代の園田氏、自民復党へ 今秋臨時国会までに

自民党の茂木敏充選対委員長は3日、熊本市で開かれた党熊本県連大会に出席後、記者会見し、次世代の党の園田博之衆院議員(衆院熊本4区)が秋の臨時国会までに自民党に復党する見通しを明らかにした。茂木氏は「園田氏は選挙で自民党熊本県連と連携してきた実績があり、政策的にも違和感はない」と説明、「復党に向けた最終段階に入っている」と述べた。

園田氏は2010年4月、自民党を離党し、たちあがれ日本を結成。その後、太陽の党や日本維新の会への合流を経て、昨年8月から次世代の党に所属していた。昨年12月の衆院選では自民党熊本県連から推薦を受け、復党を目指していた。〔共同〕

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!