IMF、副専務理事に古沢氏を正式発表

国際通貨基金(IMF)は5日、2月末に任期満了で退任する篠原尚之・副専務理事(61)の後任に、前財務官の古沢満宏・内閣官房参与(58)を任命すると正式に発表した。任期は5年。3月2日付で就任する。4代続けて副専務理事が日本から選出されることになる。

副専務理事は専務理事を支える要職で、日本のほか米国、中国、ブラジル(イタリアとの二重国籍)から現在4人選出されている。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。