5野党、臨時国会の召集要求へ 憲法「4分の1」規定で

民主、維新、共産、社民、生活の野党5党は19日に幹事長・書記局長会談を開く。衆参両院いずれかの4分の1以上の議員の要求があれば、内閣は臨時国会を開かなければならないとする憲法53条の規定の活用を検討する。5党がまとまれば衆参のどちらでも4分の1を超えるが、同条には開催期日の定めがないため、政府・与党は

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り151文字