自民、改革の具体化先送り 参院選控え有権者の反発懸念

自民党内で主要政策の規制改革や構造改革の論議が停滞している。小泉進次郎氏らが取り組む農政改革では農産物や農業資材の流通改革の具体策は秋以降に持ち越した。安倍晋三首相が意欲を示す同一労働同一賃金では「非正規の賃上げ」「正規の賃金維持」を強調している。7月の参院選を間近に控え支援団体や有権者の反発を懸念し、改革の具体化を先送りしている。

同党農林水産業骨太方針策定プロジェクトチーム(小泉委員長)は今

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り643文字