TPP対策、農家再編へ1100億円 共同事業支援で生産性向上

農林水産省は環太平洋経済連携協定(TPP)に備えた農業対策予算をまとめた。農家が共同で新型設備を購入して経営を効率化するのに計1100億円を計上。商社や小売りOBを農家に紹介する農業人材バンクをつくるほか、農産品輸出も後押しする攻めの対策を並べた。ただ、農業土木予算も増やすなど、来夏の参院選をにらんだ守りの姿勢も見え隠れする。

政府が11月にまとめたTPP関連政策大綱を踏まえた対策予算の第1弾で

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り849文字