自民、山田氏の暴行報道で事情聴取

自民党の伊達忠一参院幹事長は25日の記者会見で、同党の山田俊男参院議員が農協関係者に暴行したと夕刊紙が報道したのを受け、事情を聴いたと明らかにした。山田氏は体に触ったことは認めたものの暴行したことは否定。「迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝したという。党執行部は事実関係を調べたうえで対応を決める。

山田氏はJAグループの組織内候補として2007年に初当選し2期目。夕刊紙「日刊ゲンダイ」は24日、山田氏が18日に開いた党の農業関係の会合後、農協関係者をなぐったと報じた。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。