次世代の党、中山恭子新党首を選出 松沢氏の離党了承

次世代の党は28日、党首選を告示し、中山恭子参院会長(75)が無投票で当選した。任期は10月1日から2年間。旧大蔵省出身でウズベキスタン大使などを経て、第1次安倍内閣で拉致問題担当の首相補佐官を務めた。2007年の参院選で初当選し、08年に福田内閣で拉致問題相として入閣した。夫は同党の中山成彬元国土交通相。

28日の両院議員総会では松沢成文参院議員の離党を了承。後任の幹事長は和田政宗政策調査会長が兼任する。

アプリで開く

日経電子版が2月末まで無料!
初割はいつでもキャンセルOK!