共産との選挙協力、社民・生活が前向き 相次ぎ党首会談

共産党の志位和夫委員長は28日、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎共同代表と相次いで国会内で会談した。志位氏は安全保障関連法の廃止だけを目的とした「国民連合政府」の樹立を前提に、来年の参院選や次期衆院選で他の野党と選挙協力する方針を説明。吉田、小沢両氏は共産党との選挙協力に前向きな考えを示し、協議の継続を確認した。

吉田氏は会談後の記者会見で「脱原発や消費増税反対などの政策が共有できれば協力する必要がある」と指摘。小沢氏は「枝葉末節ではなく大義の旗を立てて選挙戦を戦えばいい」と述べ、志位氏の提案に理解を示した。

志位氏は先週末に民主党の岡田克也代表と協議継続で一致し、維新の党の松野頼久代表との会談も調整中だ。会見では共産党との連立政権構想に慎重な民主、維新両党とも「焦らずに粘り強く、誠意を持って話し合っていきたい」と強調。幅広い野党勢力との選挙協力に向けて協議を続ける考えを強調した。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。