原油などの価格下落、最終財にも波及

原油や鉄鉱石などの価格下落が、最終製品の価格にも波及してきた。日銀が10日公表した8月の国内企業物価指数で「素原材料」は25.2%、素材を加工した「中間財」は4.2%それぞれ前年同月と比べ下がり、マイナス幅も拡大した。完成品の「最終財」は1.0%上昇したが、上昇ペースは鈍った。

全体の企業物価指数は3.6%下落した。前年同月を下回るのは消費増税の影響を除くベースで10カ月連続。下落幅は2009年

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り253文字