強くて近い「平民宰相」 モディ氏の横顔

「私はプライムミニスター(首相)ではなくプライムサーバント(第一の奉仕者)」

8月15日の独立記念日の演説で国民への献身を強調した。演壇の防弾ガラスの撤去を指示し、指導者としての強さと国民との近さを印象付けた。

今年、10年ぶりの政権交代で首相となったモディ氏は「政務」より「公務」を優先する人物とみられている。政党や派閥の仲間と夜な夜な食事に

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り170文字