中国、構造改革に軸足 小刻みに景気対策

【大連=原島大介】中国の李克強首相は10日の講演で、経済政策運営について「ここ数年、通貨の大量発行や大規模な刺激策をとらず、改革によって経済の活力を増してきた」と説明し、今後も市場が期待する巨額の財政出動より構造改革に軸足を置く考えをにじませた。「目の前のことに対しては様々な手を打つ」とも述べ、必要に応じて小刻みに景気対策を打ち出す構えをみせた。

李首相は遼寧省大連で開いている世界経済フォーラム

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り308文字