債券15時 30年債利回り、0.830%に低下 先物は反発

11日の債券市場で超長期債利回りが低下(価格は上昇)した。新発30年物国債は前日比0.015%低い0.830%の利回りで午後も推移した。財務省が実施した30年物国債の入札が「強めの結果」と受けとめられ、債券需給の引き締まりを見込んだ買いが強まった。新発20年債は前日比0.010%低い0.605%で、新発40年債は前回取引が成立した

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題
お試し登録は11/20まで

残り163文字