「暗黙の了解」成立するか 現行法で対処難しく