温暖化ガス削減目標設定 日本、政府初会合でようやく始動

地球温暖化の防止に向けた2020年以降の新しい国際的な枠組みを巡り、日本の温暖化ガスの削減目標を決める議論が24日、ようやく始まった。新枠組みの交渉では15年末の合意を目指しており、欧州連合(EU)は新しい目標を公表したほか、米国と中国も来年3月までに決める方針だ。日本はエネルギー政策が定まらず出遅れ気味だ。

京都議定書に代わる新枠組みは、15年末にパリで開く国連気候変動枠組み条約第21回締約国

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り804文字