15年産米で値上げ論議、需給は後回し 政官主導で揺り戻し

今秋に収穫する2015年産米の価格を巡る駆け引きが激しくなっている。政府は14年に急落した米価の回復に向け手を打つが、思惑通りに進むかは予断を許さない。

「14年産のような米価を繰り返してはならない」。昨秋から断続的に開かれているコメを主題にした自民党の会合。出席した議員からはこのような声が相次いでいる。

批判の対象になったのがJAグループが生産者に一時金として支払う概算金だ。コメ離れや在庫増加

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り953文字