コメ銘柄間の価格差が縮小 中食・外食、値上げの可能性

コメの銘柄間の価格差が縮小している。2015年産米は全体が値上がりし、外食店やスーパーから低価格帯のコメの引き合いが増えた。飼料用米への転作が増えたこともあり、価格帯が低い銘柄ほど上げ幅が大きい。低価格帯のコメを使う総菜や弁当などの中食や、外食の値上げにつながる可能性もある。

価格の安さで業務用に人気の青森産まっしぐらの卸間取引価格は15年産が60キロ1万1500円。1年前の14年産と比べ16%

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り379文字