エクソン、逆風下でも底堅く 原油急落前から投資絞り込み

未曽有の原油安の中、石油メジャー最大手、米エクソンモービルの業績の底堅さが目立っている。開発・生産の上流部門に依存しない事業構造と、いち早く投資を抑制した判断が奏功している。平時からリスク低減を追求する「規律」を重視する経営が逆風下で威力を発揮している格好だ。巨額の資金調達にも踏み切り次の成長への布石も打つ。

「これは我々の競争力を強化した投資の一例です」。今月2日、エクソンモービルが米ニューヨ

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り1821文字