ゴリの佃煮、甘辛伝統の製法進化(逸品一品)

金沢で「鮴(ゴリ)」と呼ばれている小魚がいる。カジカ科やハゼ科の淡水魚のことで、かつては石の下に潜むゴリを専用の板を使って強引に追い出し、三角形に編んだ竹ざるに追い込んで漁をしていた。このことから「ゴリ押し」の語源になったという説もあるそうだ。

刺し身や空揚げ、白味噌仕立ての「ゴリ汁」など、古くから加賀料理の素材として親しまれてきた。中でも保存食用として考案された「ゴリの佃煮(つくだに)」は、い

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り733文字