道経連会長に元北電副社長の高橋氏 原発や空港、発信力強化

北海道経済連合会の次期会長に、昨年まで北海道電力の副社長を務めた北電興業社長の高橋賢友氏(62)の起用が固まった。元北電副社長で現道経連会長の大内全氏(67)は体調不良を理由に1期2年で退任する。道経連の会長職は北電の会長経験者が初代から7代続けて就任しており、2代続けて北電会長が就かない異例の人事となる。道経連は現在8人の副会長を増員し、新体制の元で、発信力の強化に取り組む。

高橋氏は北電では

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り958文字