日赤看護大・ゼミ1期生が向きあう「死」

砂上の安心網 2030年への責任