故郷帰れないけど土地残されたまま

1989年からの視線(4)