国会質問「与党ゼロ」を夢見た豪腕与党幹事長