お賽銭は円で 佐賀・祐徳稲荷に自動外貨両替機

タイ人など訪日客増に対応

お賽銭(さいせん)は日本円で――。日本三大稲荷のひとつ、祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)に23日、自動外貨両替機が設置された。米ドルやユーロのほか人民元やウォンなど12カ国・地域の通貨に対応、1回あたり10万円分まで外貨を日本円に両替できる。お賽銭から食事、土産購入など急増する訪日客の利便性を向上させる。

両替機はアクトプロ(東京・千代田)が運営する。祐徳稲荷神社は豪華絢爛(けんらん)な社殿などで知られ、年間約300万人の参拝客が訪れる。最近はドラマや映画のロケ地になったことでタイ人客が急増中。受け入れ体制の整備を進めている。

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定の記事が月10本無料で読めます。