合理な正規格差、損害賠償で救済最高裁が判断