米個人消費に再び勢い、労働市場改善や減税で

貯蓄率低下、利上げ急ぐと鈍化も