2度追いついた西野ジャパン、悔しさと手応えと