#01 「ヒルズ族」の汚名と誇り