若田部氏、世界にアピールできたか