業務用米、不足130万トン 多収量品種の普及がカギ