米、高値に警戒感

10~12月期の国内コメ相場は、4年連続の上昇となる可能性に流通業界の警戒感が高まっている。新米は秋に収穫するため、10月ごろ刈り取りとなる品種を含めると今期(10~12月期)に2018年米が本格的に出回る。九州の早場米や、関東の一部のコメは既に18年産が夏時点で価格が決まった。出回り当初時点で農協が農家に渡す概算金または買い取り金額は、おおむね前年を上回っている。東北や北陸の

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り192文字