「米中休戦」を危うくするファーウェイ逮捕(社説)

Financial Times

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたことは、たとえ原因に表面上のつながりはなくても、米中間の貿易と技術移転をめぐる紛争の危険なエスカレートを示している。

孟氏の拘束が世界の2大経済大国の関係修復努力を複雑化させることは間違いない。世界経済に及ぶ影響への懸念は6日、世界的な株価の続落など市場の神経質な動きに表れた。

孟氏は対イ

アプリで開く
この記事は日経電子版会員限定です。
残り1465文字