官民ファンドの理想と現実 政府の「財布」脱せず