迷走の革新投資機構 過去の実績と薄れる存在意義