ファンからホースマンへ ある厩務員の思い