格調高く「花園の御田舞」 和歌山・かつらぎ町

米作りの1年間を舞踊で表現する古典芸能「花園の御田舞」が17日、和歌山県かつらぎ町花園梁瀬の遍照寺で上演され、大勢の観光客らが格調高い演技に見入った。

和歌山県かつらぎ町の遍照寺で上演された「花園の御田舞」(17日午後)=共同

田の神を信仰し、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する神事で、国の重要無形民俗文化財。平安中期から続くとされ、2年に1度奉納される。

本堂に羽織はかま姿のはやし方約10人が座り、黒の烏帽子と羽織に白ばかま姿で木製のくわを持った若者が登場。太鼓などのはやしに合わせ、春の田打ちからもみまき、田植え、秋のもみすりまで、稲作にまつわる一連の所作を演じた。出演者が牛に扮(ふん)してコミカルな動きを見せ、笑いが起きる場面も。上演は約3時間に及んだ。〔共同〕

アプリで開く
日経電子版に登録すると、
有料会員限定記事が毎月一定数無料で読めます。