社会損失は軽減、国民負担どこまで