神戸港、巨港の影なく 空路が訪日の玄関に成長