敵対的買収、再び高水準 昨年19年ぶり件数

経営に緊張感 先行きは不透明