幼少期から深めた自覚(令和の天皇と皇后)

歴代の姿も探求 新たな象徴へ重責担う