「新紙幣フィーバー」続いて ゆかりの地備え

受け入れ態勢 充実急ぐ