甘くない世界、代表で痛感 最も重要な仕事できず