芥川賞の今村夏子 浮かび上がる観察者の狂気