「トップガン」騒動で考えた歴史戦とブランド論