米国配慮の外為法改正案、急造作業が招いた失望

アクティビストに揺れた東芝が伏線か