プレジデンツ杯、松山は「世界のエース」と自覚せよ