記憶残る最後の世代、風化を憂い語り部に

阪神大震災25年