再生の美 伝統工芸ニューウエーブ

NIKKEI The STYLE

陶磁器と虹色に輝く陶器の台座を金継ぎの技法を用いて接合したワイングラス

ものを大切にする。大量消費社会の中で忘れかけている精神は、日本人が昔から育んできたものだ。割れ欠けした器を漆で接着し、継ぎ目に金粉などをまいて修復する金継ぎ、使い古した布を裂き、再び織り込んだ裂織(さきおり)……。伝統工芸の中に宿る心には、単なる修復・再利用の概念を超えて、より美しくよみがえらすという美意識がある。日本の美徳が詰まったものとして世界も注目する伝統工芸のニューウエーブを追った。

傷は歴史 偶然に宿る神秘

アプリで開く
この記事は会員限定です

電子版に登録すると続きをお読みいただけます

残り3959文字